dentaltools.jp@gmail.com

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

歯周病に負けない5つの知識

1.進行すると歯が抜けてしまう病気です
 
日本人の成人の80%がかっている病気で歯を失う一番多い原因が歯周病によるものです。歯周病とはプラーク(細菌の塊)によって歯の周りの骨が溶け、歯が揺れたり、歯茎が腫れたりして、最終的には歯が抜けてしまう病気です。初めの段階では症状が無い為に’気づかないうちに進行してしまいます。
 
2.抵抗力が下がる分メンテナンスで助けてあげる必要がある
 
若い時は免疫力が高いためにプラークが歯茎に侵入してきても、歯茎が腫れる程度(歯肉炎)です。年齢とともに免疫力が衰えるとプラークの侵入で骨まで溶かしてしまいます。これが歯周病です。免疫力が下がった分デンタルフロスやメンテナンスで体の抵抗力を助けてあげる必要があります。
 
3.知識がないと歯周病菌に負けてしまう
 
歯周病によって溶かされた骨は回復させるのに外科的な処置が必要となります。また、回復させることができない場合もあります。20代後半から始まる歯周病に対してどうすれば歯周病にならないか、進行を止めることができるのかの知識があり、実行できれば歯周病に悩まされなくて済みます。
 
4.プラークを落とすテクニックが必要
 
歯周病はプラークとの戦いであり、毎日、毎食後細菌と戦っています。誰かが毎食後歯を磨いてくれることはなく、自分で磨かなければ誰も助けてはくれないのです。一時的には歯医者で磨いてもらったり、歯石を取ったりして、よくはなりますがすぐに元に戻ってしまいます。歯がある限りこの戦いは続き、負けると総入れ歯になり終わります。
 
5.歯周病治療の3本柱
 
歯周基本治療
 
歯周病の原因であるプラークを取ることをメインにしている治療です。自分でプラークを取る力や歯石を取ってプラークを取りやすい環境にすることを目指しています。基本治療ができていなければ外科治療をしても、元に戻ってしまいます。初期から中等度に進行している方で歯周ポケットは4mmまでです。治療回数は2~8回、重症度によって変わります。
 
歯周外科
 
基本治療で取りきれない歯石や歯周病で溶けて凸凹になった骨の形を整えプラークコントロールがしやすい形にします。また、状態の悪い歯を抜歯し、他の歯に悪い影響を及ぼさないようにします。重度に進行している方で歯周ポケットは5mm以上です。初期治療終了後、必要な方のみ行います。
 
メンテナンス
 
歯周病は治療をしたからと言って元に戻る病気ではありません。治療後進行させないように維持していかなければいけません。メンテナンスは改善したお口の中の状態を、悪化させないように維持していく治療です。全ての人に必要です。
 

-----------------------会社情報----------------------

 

 

ショップ:Dentaltools.jp

 

本社所在地:〒400000 Strait Road,Nan An District Chongqing, China

 

メール:dentaltools.jp@gmail.com

              

事業内容:根管長測定器  歯科用マイクロモーター  歯科用ハンドピース   超音波スケーラー

 

URL先:http://www.dentaltools.jp/

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: