dentaltools.jp@gmail.com

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

歯ブラシのほかにもうひとつ

     口の中は唾液・舌・粘膜などの作用で、ある程度までは自然にきれいになることが分かっています。しかし歯と歯の間や根元の近くなどのように入り組んでいる部分は本来の自浄作用が及びにくく汚れが残りやすくなります。歯はデコボコしていたり、深い溝があったり、曲がっていたりと実に複雑な形態をしています。食べカスや歯垢(プラーク)が隙間に入り込んでしまうと歯ブラシなどを使用して取り除かないといつまでも汚れたままになってしまいます。

 

 歯ブラシ1本だけでこのような複雑な口の中をすべて完全に掃除することはよほどの達人でない限り至難の業と言えるでしょう。われわれプロであっても1回に10分くらいかけて磨かないとすべての汚れを取ることは出来ません。電動ブラシであっても同じことです。しかし都合の悪いことにこの磨き残した部分から虫歯や歯槽膿漏が始まってしまいます。いつもきれいに磨けているところは虫歯にも歯槽膿漏にもならないのです。この磨きにくい場所の掃除に歯ブラシだけでなくもうひつの道具を使用することをお薦めします。歯槽膿漏で歯と歯の間に隙間が出来てしまって食べかすが詰まりやすい方には歯間ブラシ、今までに歯と歯の間から虫歯になった経験のある方にはデンタルフロスの使用をお薦めします。今まで歯ブラシが難しかった部分が簡単にきれいになります。

 

 これらの道具の使用には注意が必要なことがあり不適切な道具を使うと余計に歯の隙間が広がったり歯ぐきを痛めたりもします。道具の選び方や使用法については歯科衛生士までお尋ね下さい。

 

 

 

 

ワックス

JINTAI® JT-29デジタル ワックスヒーター

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: