dentaltools.jp@gmail.com

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

治療後の痛みや違和感について

虫歯を削った後に痛むことがあります

神経のある歯の虫歯を削ると、削る振動や摩擦熱、出てくる水の刺激などで多少なりとも歯の神経がダメージを受けてしまいます。 治療中は麻酔をしていますので痛みを感じることもありませんが、麻酔が切れてしまうと削った虫歯が大きければ大きいほど後に痛みの出る可能性が出てきます。 しかし虫歯を削った後には神経を鎮静させたり保護する薬を入れてから仮歯を付けますのでその日のうちに痛みが無くなるのが普通です。また麻酔も注射の一種ですので麻酔をした歯肉の部分が痛んでしまうこともあります。 治療した日はその歯はあまり使わないようにし、刺激を避けるようにして下さい。強く噛みしめたり、食事の時には治療した側は使わないようにしましょう。 もし痛みが数日も続くようでしたら何らかの異常が起こっている可能性がありますのでご連絡下さい。

 

金属を埋めたり被せたりした後にしみたり違和感が残ることがあります

須貝歯科では歯を削った後にプラスティックの仮歯を入れます。 それを金属に変えると材質の硬さの違いから少し高く感じてしまうことがあります。噛み合わせの検査をしながら調整し入れていますので特に心配はありません。 また歯の間にものが詰まらないように隣の歯との間をややきつめにして入れています。そのため最初は物がはさまったように感じるかも知れませんが、通常は半日くらいで感じなくなります。 数日経っても噛み合わせに異常を感じるようでしたら次回に調整しますのでお申し出ください。また仮歯のプラスティックにくらべ金属は熱の伝導率が高いため熱いものや冷たいものが神経を刺激し、しみるようになることもあります。 元の虫歯の大きさによってはしみる症状が改善するのに数ヶ月もかかることがありますのでしばらく様子を見るようにして下さい。氷やアイスクリームなどの特に冷たい物ではしばらくしみてしまいます。

 

神経を取った後でも痛むことがあります

神経の治療をした後2日位は、歯が浮いた感じがし強く噛むと痛みを感じてしまいます。 神経が残っているのではなく、神経を取った後で歯の根の周りに軽い炎症が残ってしまうからです。 神経を取った歯は噛み合わないように削ってありますが、あまり負担がかからないよう、注意して食事をするようにしてください。

 

奥歯の治療の後で顎が痛くなることがあります

奥歯の治療で口を長時間開けていると顎の関節の痛みがでることがあります。 顎の関節は耳の前あたりにあり、その周辺に痛みを感じたり、カクカクぎこちない感じがする場合があります。 日常生活でそれほど大きな口を開ける事はないのでそういった症状がでることもありますが、一時的な違和感で終わることが多いでしょう。

 

 

 

 

歯科用ハンドピース

NSK®新型エアーモーターEX-203C

前の編:知覚過敏
次の編:根管治療の流れ
カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: