dentaltools.jp@gmail.com

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

様々なインプラント手術法

 1回法

 
埋入したインプラントの上部を歯肉の上に出したまま、インプラントと骨の結合期間をおく方法。
(下顎で骨欠損(吸収)が無い時や硬い時、また歯肉が薄い時等に適応。)
2次手術を行う必要がないため、患者様の負担は少なくなります。しかし術後にインプラントのヘッド部が出るため重度な歯周病を罹患している方、糖尿病など免疫力が低下している方などには向いていません。
2回法(基本的な手術法)
 
インプラントを顎に埋入したのち、歯肉で完全に覆い、インプラントと骨との結合する期間(8~12週間)を待って、2回目に歯肉からインプラント上部を露出する方法。手術後インプラント体を粘膜にて覆うため感染の危険性が少ない。またインプラント体が骨と結合するまで粘膜下に保護されることにより、安全に治癒期間を待つことができます。しかし2次手術(インプラント体の上部の粘膜を取る手術)を行わないといけないためやや患者様に対して身体的な負担が多くなります。
(骨欠損(吸収)がある時、)骨移植した時、骨が粗造およびやわらかい上顎に適応。
サイナスリフト
 
吸収した上顎骨を造成する方法。
上顎の骨は下顎の比べて軟らかいので歯が抜けると急速に吸収します。
吸収が進むと骨が薄くなるのでそのままではインプラントを入れても植立させることは不可能です。そこで他の部分(多くは下顎骨の奥の部分)より骨を採取してきて上顎洞側壁から内に骨移植を行い上顎骨を造成します。オリジナルの骨の厚みが5mm以上ある場合はインプラント手術と同時にサイナスリフトを行いますが、それ以下の場合は移植骨が成熟したらインプラントを骨内に埋入します。ある程度の技量、経験を持ったドクターが行わないといけない手術です。
スプリットクレスト法
 
インプラントを埋入するには最低5mm程度幅が必要ですが、骨の吸収の仕方によっては先端が1~2mmしかない場合もあります。GRB(後述を参照)という方法もありますが、やはりインプラント本体がオリジナルの骨に囲まれていた方が安定し易いです。方式はまず狭くなった骨の頂上部に切り込みをいれ、そこに専用の器具を入れて骨を広げていきます。骨というのは本来弾力性があるため、その程度なら無理なく広がっていきます。そこに予定したインプラントを埋入して、隙間に骨補填材を使用して粘膜を縫合すると、大体3~4ヶ月で広げた骨が固まってきてインプラント自身が咬む力に耐えるような状況になってきます(歯科用ポータブル式診療チェア)。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: