dentaltools.jp@gmail.com

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

部分矯正の費用と全体矯正との違い

 1 部分矯正にかかるおおよその費用

 
具体的に部分矯正は「検査・診断料」「矯正基本料」「ワイヤー調節料」の治療工程ごとに支払いが分割されます。それぞれの相場は、以下の通りです。
 
矯正にあたっての検査、診断料 およそ3~5万円
矯正装置などを取り付ける基本料 およそ30~55万円
矯正装置のメンテナンスなどを行うワイヤー調節料 1回あたりおよそ3000円~5000円
2 種類によって異なる費用
 
矯正の種類によっても相場は変わってきます。例えば、「ブラケット」による矯正は前歯の凹凸が著しい時に向いています。ブラケットによる矯正では、歯を削るなどして歯自体を小さくし、隙間を作りながら矯正します。
 
これに対して「マウスピース」による矯正は、軽度の凹凸のある場合や、すきっ歯に向いています。ブラケットによる矯正よりも、マウスピースによる矯正の方が比較的高価になります。
 
これは、マウスピースを使用する場合、いくつかのマウスピースを作り徐々に歯を動かしていった上で、その後にズレを防止するためにワイヤーを施すためです。
 
ブラケットの装置費用
 
前歯2本まで 2万円~ 片顎のみ 5万円~ +調節料 5,000円~/月
 
マウスピースの装置費用
 
片顎 3万円~ 追加装置料 2万円~ +調節料 5,000円~/月

3 部分矯正と医療費控除
 
部分矯正をより手頃な価格で行うために「医療費控除」について知っておくこともポイントです。医療費控除とは、確定申告を行う際、「病気の治療」が目的の場合のみ税金の一部が控除されるというものです。
 
部分矯正には医療費控除が適用されることがあります。 ただし、医療費控除の対象は「1年に10万円以上医療費がかかった」場合のみ対象になります。そのため、10万円以下の場合は対象外になりますので、注意が必要です。
 
前述したように、医療費控除には確定申告での申請が必要になります。そして医療費控除の申請の際には、会計時のレシート、領収書、そして受診した医院の治療証明書が必要になります。治療証明書は、医院によっては証明代が別途必要になることもあるので注意しましょう。歯科用診療ユニット

4 部分矯正と全体矯正の違い
 
部分矯正と全体矯正の最も大きな違いは「矯正費用の違い」です。部分矯正は、その言葉通り部分的な矯正を施すため、全体矯正よりも施術箇所を減らすことができます。費用が抑えられるのはこのためです。 部分矯正はまず、そもそも部分矯正が可能かどうかの診断が行われます。
 
歯の生え方や、どのくらい歯並びが乱れているかなど個人差があるので、部分矯正ではなく全体矯正が必要だと診断される場合もあります。 部分矯正が可能な場合は、さらに精密な検査へ進みます。そして実際に矯正装置を施す段階を経て、矯正装置であるワイヤーなどの調節・メンテナンスをしながら矯正していきます。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: