dentaltools.jp@gmail.com

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

歯科用CT―歯科治療の応用例

 歯科用CTは3次元の立体情報を映し出すことができ、従来に比べ飛躍的に画像診断力を上げることができました。顎の骨の中の病変や、歯や歯根の状態、顎関節の状態をより詳しくしかも立体的に映し出すことができます。特に、微細な根管の見落とし、歯の亀裂、隠れた病変などの難診断症例では、圧倒的な診断パフォーマンスを発揮します。

ここでは歯科治療で歯科用CTの応用を簡単に紹介いたします。
1.インプラント手術への応用
インプラント手術においては、骨内の重要な神経や血管との距離を、コンピューター上で立体的に正確に測れるため、より安全で精度の高いインプラント手術を行うことができます。
2.根管治療への応用
インプラント治療以外にも、歯科用CTは様々な治療に応用されます。
例えば根管治療などでは、従来のレントゲンでは見つけにくい病巣を簡単に見つけることができます。
 
の写真は通常のレントゲンです。
    
痛みを訴えて来院なさいましたが、通常のレントゲンには病巣がはっきり映りませんでした。
病巣が小さい場合は、健康な骨に隠されて病巣がX線写真に映りにくい事があります。
歯科用CTでははっきり病巣が見えています。(黄色い丸)
3、歯の亀裂の診断
術前、の写真のように根尖に大きな病変がありました(黄色い丸)。
しかし、通常の根管治療に反応せず、なかなか治癒しませんでした。
    
CTを撮ってみると、歯の亀裂(ヒビ)が映っていました(黄色の矢印)。
保存をあきらめ抜歯をするとヒビがはっきり入っていました(黄色矢印)。
亀裂の診断が早くついたことで、無駄に治療を長引かせる事なく、治療期間を大幅に短縮することができました。
 

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: