dentaltools.jp@gmail.com

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

歯石とは

お口の中で歯の周りにつく石のようなものです。プラーク(細菌の塊)が唾液の中のカルシウムやリンなどのミネラル成分と結びついて石のように固くなったものを歯石と言います。
 
1.歯石はなぜ取らないといけないのか
 
歯石自体は石なので悪いものではありません。歯石は軽石のように小さな穴が空ていて、そこを住みかに細菌が繁殖し、毒素を出します。その毒素が歯茎を腫らせたり、歯の周りの骨を溶かす歯周病の原因になります。歯石の中の細菌は歯磨きなどでは取れないので、歯石ごと細菌を取る必要があります。歯周病は糖尿病、心臓病、脳卒中、慢性腎疾患、肺炎、骨粗しょう症、癌および早産などの合併症を伴うことがあります。そのため歯周病を改善することはとても重要なことであります。
 
2.なぜすぐにプラークが歯石になってしまうのか
 
歯は食事をする度に表面のミネラル成分であるカルシウムやリンが溶け出して(脱灰・だっかい)しまいますが、唾液の中にあるミネラル成分によって元に戻ります(再石灰化・さいせっかいか)。このように唾液の中には歯が虫歯にならないように、大量のミネラル成分が含まれています。だから、プラークが残っていると48時間で歯石になってしまうのです。

3.歯石はいつ取ればいいのか
 
3-1.3ヶ月に1度定期検診時、歯石を取る
 
ブラシの状態も良く、短い期間で定期的に歯石を取っている方は直ぐに1回で全ての歯石を取ることができます。プラークも少なく、歯茎からの出血も少ないため、歯石も柔らかく、直ぐに取ることができます。
 
3-2.治療の時は歯茎の出血を止めてから歯石は取る
 
歯石はプラーク、唾液、血液からできています。歯茎が腫れていたり、出血がある状態では原因のプラークと血液が残ったままなので、取ったとしても48時間後にはまたついてしまい意味がありません。
 
3-3.歯茎から出血があると痛みが出やすい
 
歯茎から出血があると歯石が血液に隠され、取り残しが増えたり、痛みや、知覚過敏も出やすくなります。歯茎から出血を止める歯の磨き方を教わり実行してから、2週間して歯茎からの出血が止まり、引き締まってから歯石を取った方が痛みが少なくてすみます。
 
4.赤ちゃんの歯石は取った方がいいのか
 
赤ちゃんの下の前歯の裏に歯石が付くことがあります。この歯石は無理して取る必要はありません。赤ちゃんのお口の中には歯周病菌がいないので、歯石ごと磨いて、あげればいいのです。もちろん、赤ちゃんが協力的で取れるようであれば取ってあげてもいいのです。
 

-----------------------会社情報----------------------

 

 

ショップ:Dentaltools.jp

 

本社所在地:〒400000 Strait Road,Nan An District Chongqing, China

 

メール:dentaltools.jp@gmail.com

              

事業内容:超音波スケーラー 口腔内カメラ  歯科用ハンドピース  超音波スケーラー

 

URL先:http://www.dentaltools.jp/

 

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: