子供の歯の表面が黒い原因 - Dentaltools.jp
dentaltools.jp@gmail.com

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
LEDライトメーター
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

子供の歯の表面が黒い原因

神経の損傷

歯が黒い色に変色するケースでは、歯を強打するなどの外傷が原因で歯が大きく動き、「歯髄」といわれる歯の神経を傷つけたことで黒く変色することが多いようです。強打してすぐは、歯髄の内出血により歯の表面がピンク色っぽく見えることがありますが、時間が経過すると内出血した部分が黒ずんで見えるようになります。レントゲン写真を撮り、神経が死んでいると判断されれば、永久歯に影響を与えないよう、歯の根っこを守る根管治療を行うのが一般的です。
 
着色
外傷の可能性がないにもかかわらず、歯と歯の間や奥歯の表面などが黒ずむのは、食べ物や薬などによる着色の可能性が考えられます。子供の歯はやわらかく、歯ブラシなどで歯の表面が削れてざらつくことがあります。すると、色素の強いお茶やうがい薬などを使うと、ざらついた歯の表面に色素が着色しやすく、黒い歯に見えることがあるといわれています。
 
虫歯予防の薬剤
子供の歯は、虫歯になると一気に症状が進行してしまうことから、虫歯の予防が重要と考えられています。そのため、歯科医院によってはサホライドといわれる虫歯予防薬を歯の表面に塗布することがあります。
 
サホライドは、歯が生えてきたころから使用できる薬剤で、生え始めの段階で塗っておくことで虫歯になりにくくなるという効果が期待できます。ただ、薬剤には硝酸銀が含まれており、歯の表面の凹凸部分でタンパクと結合すると黒い歯になることがあります。
 
-----------------------会社情報----------------------
 
ショップ:Dentaltools.jp
 
本社所在地:〒400000 Strait Road,Nan An District Chongqing, China
 
メール:dentaltools.jp@gmail.com
              
事業内容:歯科用タービン    ハンドピース  歯科用タービン   根管長測定器 
 
URL先:http://www.dentaltools.jp/
 

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: