歯周病の症状 - Dentaltools.jp
dentaltools.jp@gmail.com

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
LEDライトメーター
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

歯周病の症状

歯茎が腫れる
歯周病の初期には、歯茎の部分のみに炎症が起こります。そのため、歯茎が赤く腫れて見えることが特徴です。健康な状態の歯茎はピンク色をしており、はっきりとした三角形になっています。しかし、歯周病になると、歯茎が腫れることで、三角形の部分が丸みを帯びたような状態になるのです。また、それ以外にも、起床時に口の中がネバネバした感覚に襲われることもあります。
 
歯茎から出血がある
初期の段階でも、歯磨きをしていると歯茎から血が出ることがあります。しかし、何もしないときに出血することはありません。歯周病がもう少し進むと、歯周病菌が活発に動き出し、毒素を発生するようになります。そのため、歯茎を触らなくても出血したり、膿が出たりすることもあります。
口臭が強くなり歯がぐらつく
歯周病が中程度ぐらいになると、口臭に悩まされることが多いとされています。メチルメルカプタンは、硫黄化合物の一種で、口の中で細菌がタンパク質を分解するときに出されます。もともとメチルメルカプタンは、ニオイがひどいとされています。そのうえ、歯周病に感染している人は、歯周病菌の増加で、他の硫黄化合物も増えるため、口臭が強くなる傾向にあるのです。また、毒素により、歯を支えている骨が溶け始め、歯がぐらつくという症状も見られるようになります。
 
激しい歯のぐらつきや痛み
歯周病が中程度よりも進行すると、歯を支えている骨の多くが吸収されます。つまり、歯を支えることができなくなるため、激しく歯がぐらつくようになるのです。それと同時に、痛みも伴い、食事を摂ることも困難になることでしょう。歯の噛み合わせが上手く行かず、食べ物が歯と歯の間に詰まりやすくもなります。
 
-----------------------会社情報----------------------
 
ショップ:Dentaltools.jp
 
本社所在地:〒400000 Strait Road,Nan An District Chongqing, China
 
メール:dentaltools.jp@gmail.com
              
事業内容:歯科診療ユニット     ハンドピース  歯科用タービン   根管長測定器 
 
URL先:http://www.dentaltools.jp/

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: