[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

インプラント用コントラアングルの正しい保養方式(洗浄注油―滅菌)たった3歩

手術したタービンハンドピースは血液が残される。洗浄し、消毒し、滅菌しなければ血液は30分間で凝固してから注油しても、注油機が使われるが、やはり血液が残される場合もある。長い時間の後、タービンハンドピースも回転しないまた回転速度が低くなり、騒音と震動が大きく、ベアリングのスタンドの玉が裂けるという場合はタービンハンドピースの使用寿命を大幅に下げる。だから、インプラントの手術を縫合している時、早めに看護婦にインプラント用コントラアングルを取り出して洗わせてください。

 
洗浄
 
◆手術の後の五分以内でタービンハンドピースのヘッドがアル―コル付き容器に浸けて、そして10分から15分まで空転して、血液付き水を排出する。
◆空転したタービンハンドピースのヘッドを2段に分解し、凝固な血液がアル―コルに洗浄し、拭うしてから組み立てる。
 
 
注油
 
◆タービンハンドピースのヘッドにタービンハンドピースの専門洗浄剤で注油するまでそのヘッドは油が溢れる。
◆注油した後でスリーウェイシリンジで乾燥する。
 
滅菌
 
◆タービンハンドピースの表面を拭ってから滅菌袋に入っ、滅菌器に入って消毒する。(134度、4分また121度、20分)
 

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: