[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

一人一歯科用 バーを普及する

歯科用 バーの常識

 
歯科用バーは歯科用ドリル―の一つの重要な部品だが、歯科用バーの柄とエメリサンドからになる。
 
歯科用バーで交差感染を引き起こすことは主に以下二つの方式がある。一つは歯科用バーが口腔内に操作する過程の中で患者の唾液や血液や切りくずに触れるから表面的な汚染を引き起こす。もう一つは、歯科用バーが治療する過程できめに残った病原微生物などがある。
 
一、 歯科用バーの洗い
まず使った歯科用バーは20分ぐらいでアル―コルに浸けてから表面的な消毒をする。浸ける後、小さい歯ブラシで歯科用バーのきめを洗って、最後に水洗する。
 
二、 歯科用バーの保存
歯科用バーの保存の温度はー10度から40度及び相対の湿度は80%を超えないはずだ。それは無腐蝕性の気体や通風が良いやきれいな部屋で保存するはずだ。
 
三、 一人一歯科用バーの必要性
歯科の診療室で患者が多く、流動性が大きく、歯科用バーの使用率と回転率が高い。歯科用バーは患者の口腔内に操作して、唾液や血液や粘膜の組織などに触れるから、患者の健康に関係がある。人々の生活の質量と人々が自身健康の標準がだんだん高くなっている。目の前に、歯科用バーの洗浄と消毒にタービンハンドピースで「一人一機」という形式を採用した上で、同時に「一人一専用歯科用バー」を普及する仕事は十分な必要がある。それは広範な医療関系者や患者の重视を十分に呼ばなければならない。
 

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: