[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

口腔矯正の誤解について

誤解一 歯が抜け変わるだけ矯正をしている。

上顎骨の発育に明らかに影響する前歯反合は「地包天」という。歪む顔になる後上反合歯またロックは乳歯期間で積極に治療すべきだが、初期に矯正が顎骨の発育に役立つ。
 
誤解二 矯正は子供と若者のパテントに属して、中高年人では矯正できない。
一般的に、ひどい歯周炎をしなければ、歯が矯正できる。
 
誤解三 時間が短いほどいい。
移動できる歯の数量は有限だが、一般的に毎月が1.5ミリメートルが移動できる。速い移動なら、歯のがたつきをする。個体の歯の不整斉の程度によって、クールも違くて、一般的なら1.5年から2.5年までをかけて、臨床で、極ひどい病例のクールが3年から7年までぐらいだ。
 
誤解四 抜歯する矯正は有害だ。
多くの後見人は抜歯に接受しなくて、抜歯した後、歯の数量が減少して、咀嚼に影響をもたらすと思っている。抜歯はひどい反り歯また厳しく込み入る病例に必要な手段である。そうすれば、歯に並べられて顔の輪郭を改善する。
 
誤解五 歯列矯正器をかぶることは美観ではなくて、痛くて、仕事と生活に影響する。
ステルス矯正技術の発展について、美観に影響しない。加力した後こりは長い時間が持続しない。飲食では、硬くて粘い食物を食べることができない。
 
誤解六 矯正したら、歯はがくがくして抜けることが早すぎる。
歯科矯正は緩やかな生物改造という過程だ、この過程は漸進で、歯は安定だ。正規な矯正治療は歯と歯周に創傷をもたらしない。
 

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: