[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

カセット式高速高圧蒸気滅菌器は歯科用ハンドピースを消毒するベストな選択かどうか?

1.カセット式高速高圧蒸気滅菌器は独特な排気原理と先進な生産技術があるので、消毒腔内の冷風の残存量は0.04%を超えない。その原理から、普通的な高圧蒸気消毒炉には消毒時間が長くて、滅菌をする効果が悪くて、消毒をする過程で機械に損害をすること完全にを変えることができる。

 

2.歯科用バーでは重複使用率が高い。だから、真空排気消毒箱を使ったら、消毒時間が長いから、一人一滅菌ハンドピースを保証し、大量にハンドピースと密封的な消毒袋を買うために、保存すること必要がある。でも、この費用及びハンドピースを補修する費用も高い。カセット式高速高圧蒸気滅菌器は目の前に国際的な消毒時間が最短の設備だ。非包裹機械を消毒する過程には6分と9分をかけるので、患者と患者のハンドピースを滅菌し、医院と課室に大量な資金を節約することができる。

 

3.カセット式の消毒の滅菌は機械に損なうことが少ない。特別に歯科用ハンドピースという複雑の構造の口腔機械にはその使用寿命から相対に延ばされる。その原理は以下のことだ。

 

(1)カセット式は滅菌器の消毒箱はカセット式滅菌器の独特なデサインだ。熱蒸気は特設な方式を通して、カセットに入る。そして、カセットの先端に渦巻きの蒸気霧を作らない。蒸気霧の広さがに従って、腔内の温度が100℃を達しない前に、大部分の空気は高温高圧で排気孔に沿って消毒箱から押し出された。ブーストの期間で、排気弁が間歇の時、速めに閉めて、部分蒸気と消毒箱で残った空気に排除させる。設定する排気手順を終わった時に、滅菌を始める。そして、「時代」カセット式高圧蒸気滅菌器は消毒箱で98%の冷風が排除できる。効果では真空排気消毒炉よりほうがいい。普通的な消毒炉の熱量は均等でないことを避け、消毒中には機械の腔内で大量の空気が残ったことのような問題がある。そうすれば、消毒した機械は酸化される機会を減らす。

 

(2)速めに加熱したり冷却したり、明らかに高温で機械の暴露の時間が縮まれる。カセット式非包裹器械消毒手順は金属器械歯が135℃の温度で3.5分ぐらいをかけることを指す。消毒滅菌の全部な手順は6分しかかけない。

 

(3)消毒したり滅菌したりあとで、内蔵の空気ポンプは自動的に濾した乾燥な空気がカセット式消毒箱に入る。更に消毒箱の湿度が下げる。

 

(4)循環中で歯きれいな蒸留水を使用する。滅菌循環システムは蒸気が特定な冷却容器を排除したが、多くの小型高圧蒸気消毒炉は重複に蒸留水を使う。そうすれば、二度汚れられることを避ける。今はある病毒と細菌が高温で生存するので、重複な使用の冷却される液体は消毒される器械を損なう。

 

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: