[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

各種なホワイトニングのメリットとデメリットについて

1.セラミック製の歯

特に歯に損傷される場合は審美修復の方法はセラミック製の歯だ。その密着性がよく、顔色が天然色に接近する口腔修正体だ。セラミック製の歯の表面で細菌を生まないから、ホワイトニングだけでなく、虫歯がない。

 

適切な対象:中度また重度なテトラサイクリン、歯のフッ素症、エナメル質形成不全、ひび割れ、損傷、歯の穴などのケースに対するホワイトニングの効果が歴然になる。

 

デメリット:セラミック製の歯は本来な歯が研磨を通って、小さくになるので、歯にも損傷をするこたが不可逆だ。棒状な歯はとても弱くなる。時間を経って、歯肉炎、歯周炎、歯肉萎縮など後腐れが出るかもしれない。

 

2. コールドホワイトニング

快速と安全なホワイトニングする技術ということだ。低温冷光では診療中歯神経に影響をもたらしない。ホワイトニング剤の主要成分は過酸化水素だが、一回限り、影響を与えない。メリットでは過程が簡単で、歯の縁に保護剤と歯面にホワイトニング剤を塗って、コールドホワイトニング照射器で(歯の染色の程度によって、8分から10分までぐらい)照射して、ホワイトニング剤を除んて、再びにホワイトニング剤を塗る。このような過程は三回で繰り返す。すべての過程は30分から40分までをかける。

 

適用な対象:外因性色素歯(コーヒー、茶漬け、タバコなどの色素付着)、中度と軽度なテトラサイクリン、薬物性変色歯と遺伝性黄色歯などだ。

 

デメリット:コールドホワイトニングは冷光照射で歯面にジェルを塗布して、このジェルが歯に脱色させる。実は、コールドホワイトニングは薬物漂白を通して、ワイトニングを実現する。レーザーはだけ薬物脱色の過程が進む補佐物だ。操作中で私たちの歯はこりが感じられる。漂白剤は歯のエナメル質に損傷する。コールドホワイトニングをした後で象牙質の過敏と脆性の可能性が大きくになる。

 

3. ベニアホワイトニング

ベニヤホワイトニングは歯面にベニヤに貼って、変色した歯を遮ることができる。現在では歯科用ベニアは、樹脂ベニアとセラミックベニアに分ける。樹脂ベニアは、歯の部分を研磨した後に歯面に樹脂貼り、歯の形状と同じな本来の様子を保つ。セラミックベニヤは、セラミック製の歯と樹脂ベニヤの長所をまとめるから、美しく、表現力がある。コンピューターの超微細彫刻切断設備と技術によって、歯のエナメル質と同様の「美白ベニア」を切断することは歯に完全に密着している形状だ。ベニアは特別な活性界面材料で歯にしっかりと埋め込まれているため、価格は比較的高価であり、樹脂よりも堅持の時間が長い。

 

デメリット:歯はベニヤを塗布とすぐに白くなるが、自然で表情豊かですが、落ちやすく、色を変えやすく、歯茎の腫れ、出血、炎症の停滞を引き起こす。樹脂ベニアにはある程度の厚さがあり、唇がわずかに凸になって、外観には一定の影響を与え、価格も高い。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: