[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

冷光ホワイトニングはなんですか?

冷光ホワイトニングは化学性的なホワイトニングだ。美白剤で歯の表面を塗布して、ホワイトニング照射器を利用して、特殊的な青い光を照射している。その原理は美白剤の過酸化物を放出している原子酸素が加速に歯の硬組織に染み込んで、歯にはホワントニングの効力を発揮する。

 

冷光ホワイトニングの注意事項

一つ目は色素付きの食物(例えば飲料)を飲まないこと気が付く。冷光ホワイトニングをした後で、歯の表面に色素が付くやすくて、清潔しにくい。その場合はホワイトニングの効果に影響を与える。

 

2つ目は冷光ホワイトニングをした後で操作する時間が長いから、30分から60分まで連続に美白剤で歯を刺激して、歯の神経を刺激するかもしれない。歯の神経に深刻に刺激しないために、この間は涼し過ぎて、熱過ぎて、硬過ぎる食物を食べないことを気が付く。

 

3つ目は冷光ホワイトニングをした、口腔の衛生を気をつける。美白剤は歯の表面に効力を発揮するので、歯の表面に微小な損傷をする。このような場合はなるべく口腔衛生に気がつく。歯の表面はプラークを積み上げないことを気をつける。

 

冷光ホワイトニングをした後で歯が黄ばむなるか?

冷光ホワイトニングは化学性的なホワイトニングだ。美白剤は過酸化水素、過酸化尿素という化学薬剤を指す。この薬剤は異なるブライドによって、濃度も異なる。たが、主要な原理は放出される原子酸素は歯の表面に酸化して、漂白する。化学の本質といえば、酸化還元の反応だ。酸化できるばかりでなく、還元できる。酸化還元反応は可逆的で、だから、やはり漂白した歯は時間を経って黄ばむになる。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: