[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

誰が冷光ホワイトニングに向いているのか?

人々は白い歯に追求することが多い。しかし、セラミック製の歯またセラミックベニアは歯に研磨する必要があり、価格も高いから見ただけでしり込みする。きれいな歯を持っている人には冷光ホワイトニングの出現が希望をもたらす。歯にはほとんど損傷がなく、不快感がなく、何分ぐらい白い歯を持ってい、費用が高くない。

 

しかし、あらゆる人々が冷光ホワイトニングに向いているか?向いえれば、歯が色素が付き、美白剤が色素を分解して、そして、傷がないために、ほとんどの若者は冷光ホワンとニングを利用して歯の顔色を高める。

 

向いわなければ、あらゆる人は冷光ホワイトニングができるが、誰の歯が白くなり、広告を表す笑顔のような効果があると言えるわけではない。色素が生成されるのは歯の表面の問題ではなく、歯の深部に沈着し、内部から投射する暗い色を指す。最も典型的な重度テトラサイクリン、テトラサイクリンのブラウングレー色素は歯の表面から2ミリメートル離れる象牙質に沈着する。こんな程度は美白剤を染み込みにくい、完全的に美白が達できない。だから、テトラサイクリンの患者は冷光ホワイトニングを利用して正常な顔色がない。

 

しかし、3回また3回以上の診察室で冷光ホワイトニングを受け、その上、低濃度的な家庭用美白剤を使えれば、テトラサイクリンの患者の歯が明らかに改善できる。すなわち、高い忍耐力と治療力、そして低い期待が必要だ。

 

成長期で水質のフッ素量からフッ素炎を持っている患者が多い。歯の表面に明らかな黄斑を持ち、エナメル質は不自然な白いを呈する。こんな患者は冷光ホワイトニングの理想な対象ではない。この歯のエナメル質が異形成して、浸透性が高いから、歯は美白剤に敏感になる。診療中で、普通な患者より痛い。冷光ホワイトニングのシステムには脱フッ素剤を配置し、歯の表面の黄斑に専門的に除く。中度と軽度のフッ素炎にはいい効果を取る。

 

そんな天然な黄い歯が最も冷光ホワイトニングに向いている。その人は冷光ホワイトニングなら問題がない。先天また後天の要素ため黄色歯を作る。例えば、長い時間以來では食物の色素の沈着で、長い時間で矯正した、歯がより黄色になる。または歯が白くなく、自分の目と皮膚の色にあわないと思っている。こんな患者は1週間おきに2回の冷光ホワイトニング治療を受け、理想な効果を達する。

 

要約すると、冷光ホワイトニングは有効な技術であり、多方面証明歯に損傷がないことが立証されている。しかし、全く万能な技術ではなく、30分ほど黒い歯が白くなることは不可能だ。冷光ホワイトニングは、「ポツやポークチョップ」のような技術だと理解することができる。専門家の少し助けで、未来に明るい笑顔を展示ことができる。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: