[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

なぜ根管長測定器を使用することだか?

根管診療をした歯科医師は正確な操作の長さが成功の根管診療の基本な条件だことをよく知っている。実は、多くの歯科医師は単純な手法を使いまた歯科レントゲン照射器でx線画像を撮るを通する操作の長さを確認する。その2つの方法は自身の欠点がある。以下の内容を説明させる。

 

一、肌触り法

1.人の永久歯の長さを参考し、お医者さんは肌触りと患者の痛みによって、器械が根尖孔に到着するかどうかを確認する。

 

2.器械の大小かどうかを選ぶの必要がある。お医者さんは豊かな経験、高い主観性、高くない正確性を持たなければならない。

 

なお:a.石灰化して細かく/曲がって/ 階段を形成している根管では、ニッケルチタンファイルが狭窄区域を達しなくても、抗力も歴然に増加し、違い感覚をもたらす。

b.根尖周組織に深刻に損傷される(暗い部分)時に、痛覚を出すなら、明らかに根管口を超える。

 

二、x線画像法

1.三次元構造は二次元の平面を投射し、投射の角度が異なるので、データも違いやすい。

 

2.根尖孔が画像によく表示されないため、大部分の根尖孔は歯茎に置かなくて、側面に置く。

 

肌触り法とx線画像法は歴然な欠点があるが、では私達は正確に操作の長さを確認することがどうすればいい?

 

実は、現代根管診療の理念を受けるだけ、根管長測定器を使えばいい。最初に根管長測定器を使う時に、医者たちは少し不慣れがあって、面倒だと感じられるが、使い慣れば、根管長測定器を離れない。正確な操作の長さを得るためことは、根管の長さを測量して、根管長測定器を使ってみるだけだ。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: