[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

根管長測定器が誤差を出す場合はいくつですか?

1.国外の本では根管内はやや湿潤だと思っている。できるだけ乾燥した!針を入れ、根管長測定器は断続な声を出す時に、歯科用スリーウェイシリンジで根管へ持続に乾かす。この時、再びに測量し、より正確だ。

 

2.みんなは若い永久歯と前歯に気をつける。私は後歯の診療を受けることを知り、根管長測定器を使う時、不正確を出す。一位28歳の患者の上顎の両側で臼歯は根管診療を受ける。根尖孔がとても大きくて、機械の声も正常で、針を入れるとレントゲン写真をとる。びっくりした!黒いK ファイルは根尖を3ミリメートル超える。患者も察知しない!このような場合がみんなは警戒しなければならない。

 

3.できるだけ適切なを選択する。一般な原則では、針のチップが測量した歯の根尖孔の直径より大きいまた同じだろう。上中切歯では赤いニッケルチタンファイルを選んで、上側切歯では黄色ニッケルチタンファイルを選んでいる。次に白いを選ぶ。上きばでは赤いと青いを選択する。後歯ではニッケルチタンファイル(8#10#15#)が第一の選択だ。以上の選択法は歯科医師の手法と患者の歯体の差別が人によって違う。

 

4.根管の中で残髄がある問題だ。残髄炎症があれば、測量をしていて、音響光警報をしなくても、痛いと感じられるなら、残体炎を確定し、残髄のところを明確することができる。このような残髄が残留される方法は可塑術のような根管内へ複方ヨードグリセリン製剤(微量なヨウフェノールを含む)に滴し、1~2分後で、根管長測定器の指導によって、Hァイル K ファイルで拡大ファイルで上を向けるまた抜髄針で抜髄している。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: