[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

ホワイトニングの操作の流れ

ステップ1

まず、私たちはお客様と有効に交流をし、十分にお客様の期待を知る。高すぎる期待を持っているお客様には、目標値を下げることは必要がある。ホワイトニングの本質は化学薬物を利用して象牙質の顔色を改変するため、人為では口出しができない。

 

ステップ2:

インフォームドコンセントに署名しなければならない。その紙を無視しなく、ステップ1を終えなければならないことを教えくれる。

 

ステップ3:

歯科用シェードガイドで比較して写真を撮る。

色を対比するため歯科用シェードガイドはVITA16色でなければならない。ホワイトニングの操作範囲は上下4―4であれ、対比したら、2つと比較することは必要がある。キバは歯列の中で特別な黄色だから、キバと向う歯に対するそれぞれ顔色に記録する。

 

スッテプ4:

湿りを隔て、柔らかな組織を保護する。

そのステップは特に重要だ。その要領は歯茎が乾燥した場合のもとで操作する。そうしないと、操作では失敗した。もし水があれば、歯茎保護剤は歯茎から落ち、流れた美白凝結剤が歯茎までやけどを起こし、歯茎が即刻に白いを呈すると、お客様もすぐに痛みが感じられる。もちろん、やけどを起こすと緊張しなくて、ビタミンを塗布すればいい。歯茎もすぐに本色を回復することができる。

 

ステップ5:

美白凝結剤を塗布することは3回に分ける。ホワイトニング照射器で照射する。二回目の塗布を行う時にお客様の反応に留意し、敏感者は常にその過程中で個別な歯が痛みがかじられる。操作者はお客様にお客様の心を和らげ、正常な現象を教える。耐えられない者にはホワイトニングをやめざるを得ない。経験によって、その痛みが耐えられ、お医者さんはお客様の心を和らげる。

 

スッテプ6:

脱感作は特に重要だ。歯は超濃度な過酸化水素で処理したと、とても敏感になる。処理しないなら、お客様は大変にこりを感じる。敏感者では操作している時に表現しいく。もちろん、刺激物を除くについて、その刺激感も軽減している。

 

ステップ7:

対比したり写真を撮ったりし、注意事項を教える。

お客様にホワイトニングを行った注意事項を教えることを忘れない。これはホワイトニングをやった効果の維持に影響する。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: