[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

冷光ホワイトニング照射器でホワイトニングに影響するいくつかの要素

ホワイトニングに影響するいくつかの要素: 

1.歯そのものは活性酸素対する透過性。ある人の歯は活性酸素の透過性がいい。一般的に言えば、年齢が若いほど活性酸素がいい。

 

2.歯と漂白剤の強さ。一般的に、漂白剤の濃度が高いほど放出した活性酸素が多い。

 

3.漂白剤と接触する時間。漂白剤の時間が長いほど着色分子鎖の分解量が大きい。効果もよりよい。

 

4.歯の変色の種類。活性酸素分子は有機着色分子に強い活性がある。天然な歯の変色物質と食物分子は有機物質に属する。だから、この種類には漂白する効果がいい。テトラサイクリンの着色分子鎖は抗生物質で無機物質である。活性酸素分子は無機分子鎖に悪い効率があるので、それもテトラサイクリンを漂白する難度が大きい原因である。

 

私達は以上の原理をまとめる:

1.歯が健康で若いほどホワイトニングをする効果がよい。

 

2.漂白剤の濃度が高いほど効果もいい。それはあるホワイトニング照射器のホワイトニングの効果がいいが、過敏な患者が多い原因は有効な成分の濃度が高すぎる。

 

3.これはホームホワイトニングは一定な美白効果を達することが説明できる。ホームホワイトニングの漂白成分の濃度が低いため、相対な安全だ。作用の時間が長いから、一定な美白効果をあげる。

 

4.この点は重度なテトラサイクリンには漂白効果が悪いことを解釈する。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: