[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

「ホワイトニングストリップ、冷光ホワイトニング、美白ゲル」のメリットとデメリットをまとめる!

ことわざには肌が白いなら、どうしてもきれいそうだと言う。だから、歯は白いも同じだ。白い歯を待たないなら、化粧した顔が魅力に欠ける。ある人の歯の黄ばみは生まれつきまた後天的に作られるのだ。酸性な食物が好きだような人には、大変な酸性物質が歯を腐食し、エナメル質を失い、歯が黄ばみになる。または平日でタバコを吸い、お茶や酒を飲むなどのことは歯の黄ばみになる速度を上げる。市場上で色々なホワイトニングの広告にはどう選べばいい?

 

1. ホワイトニングストリップ

ホワイトニングストリップの薬剤成分が低く、使用するなら便利で、価格も相対的にやすい。しかし、一週間また二週間で歯面の色素を除くことはできる。デメリットはホワイトニングストリップが不完全に歯面を覆いにくいために、美白効果も不均一をもたらし、更に歯また歯茎を損傷する可能性がある。

 

2.ホームホワイトニングゲル

寝る前にホワイトニングゲルが誂えた装置に注入し、装置をかけて寝た。起きると装置を取ったり清浄したりする結構だ。一般的に、一週間で美白効果が出ても、使用したあとで、歯が敏感にだるいが感じられるかもしれない。

 

3.冷光ホワイトニング

歯科診療所で冷光ホワイトニングしたら、ホワイトニング照射器で美白薬剤を触媒し、美白時間を縮む。歯がともかく8つの色調を上げて半年以上が維持できる。ホワイトニングを行う時に象牙質とエナメル質を損傷しない。相対的に、価格が他の方法よりも高い。

 

ホワイトニングの注意事項:

虫歯が出れば、できるだけ随意にホワイトニングの産品を使わない。薬剤には化学成分を含むので、虫歯に浸透するかもしれない。そして、歯には永久性な損傷をもたらす。

一般的に言えば、ホワイトニングのクールは頻度が高くない。九ヶ月か一年半ごとに専門的に漂白することを勧める。その他、妊婦や重度で敏感な歯を持っている人は、冷光ホワイトニングや漂白には適さない。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: