[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

なぜホワイトニングを行った後、すぐに黄ばみになるの?

近年以來から、ホワイトニングは人気があるから、多くの歯科医師と美容院は歯が白くなるために、ホワイトニングクールを薦める。さらにあるブライトは家で使用できる冷光ホワイトニング照射器ホワイトニングストリップなどを薦める。しかし、日常生活の習慣が美白効果の時間を延ばすことは重要で、歯茎を保護し、エナメル質の流失を予防する。

 

歯が黄ばみになる元凶は何?

ある人の歯の黄ばみは生まれつき、でも多くの人は後天的に作られるのだ。多くの人の飲食では大変な酸性物質が歯を腐食し、エナメル質の流失を持たらす。

または平日でタバコを吸い、お茶や酒を飲むなどのことは歯の黄ばみになる速度を上げる。食べ物の色素は歯が黄ばみもなる。

 

 

どの方法で歯が黄ばみにならない?

1つ目は「飲食を改変する」ことから、色素量が高い食物を避け、白米や魚屋水やミルクなどを選択する。

二つ目は「吸い込む管を使用する」吸い込む管(エコストローを使ればいい)でコーヒーやお茶などが歯と接触するチャンスを減らす。

最後は「定期に歯科医師を訪ねる」歯科医師はプラークと歯の細菌を清浄し、歯茎の健康を保証する。

 

 

どの方法は歯が「永久」に白くする?

ベストな美白クールは2~4年の限りを維持しているが、長期に維持すれば、時間がかかり、次第に歯を保養し、定時にホワイトニングをする(過度がならない)なら、永久に白くなるのを維持するかもしれない。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: