[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
その他
医療機器
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

ホワイトニングをしている問題にはどうを解決するのか?

もしあなたはホワイトニングを行ったら、診療所でホワイトニングをしている痛みと敏感が感じられる。ホワイトニング装置で照射する過程中で美白ゲルが分解し歯の神経を刺激するため、歯の敏感と痛みをもたらす。この症状は可逆的だ。

 

脱感作歯磨きで歯を磨く

ホワイトニングをする前に、10日を早めに脱感作歯磨きで使う。例えば、「舒適達」、「高露潔」という歯磨きを使う。このような歯磨きは歯の表面と内部神経の疼痛信号を減らすことに役に立つ。

 

柔らかな歯ブラシで円周運動(不往復)する方式を利用して歯磨きが歯を塗る。理想な場合には、毎日3分間で歯を磨くわけだ。

 

すぐに口腔を洗い流しなれければ、フッ化物と脱感作物質がよりよい作用を起こす。洗い流す前に、歯磨きがしばらく歯に停留する。

 

脱感作ゲルを使う

歯の表面を拭い、乾燥を保つ。次に、脱感作ゲルが歯面にそっと拭う。口腔を洗い流す前に、ゲルがしばらく歯に停留する。

 

脱感作ゲルの中では硝酸カリウムが含まれるので、歯の神経が痺れ、敏感症状を減らす。ホワイトニングをする前にまたホワイトニングをしたあとで使うことができる。

 

診療の前に鎮痛剤を服用する

診療する前に一時間内で消炎薬物を服用する。具体的な場合ではあなたの歯科医者を聞き、早めに薬物を服用すれば、薬物の成分がより良い作用が発揮できる。ホワイトニング照射器でホワイトニ

ングを終わった、拭い去れない敏感な症状が出るなら、診療のあとで、医者さんのアドバイスを受ける薬物を服用し続く。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: