[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

超音波スケーラーを正しく使用しましょう

歯周病は口腔疾病で多発病であり、よく見れる疾病の1つである。世界各国の統計によって、発病率も高い。スケーラーは現在で歯周病を診療する理想な方法である。超音波スケーラーは効率なスケーラー器械であり、高周波な振動エネルギーで歯石とプラークを洗浄している。特に、歯面をつける歯石と垢及び色素には効果がいい。超音波スケーラーには合理に使用するのが十分重要だ。不当な操作は歯体及び歯髄組織に損傷ができ、ヘッドも早すぎるので、すり減り、効率が悪い。

 

超音波スケーラーの原理

超音波スケーラーは超音波発生器と転換器という2つの部分を含む。そして、ハンドピースと換える先端チップ及びフット・スイッチを配置する。その原理は電能が高周波機能を転換し、チップに高速に振動させ、頻度が25kHz~32kHzぐらいだ。その高頻度な振動は歯石に破裂させ、歯面から離れる。超音波がチップに高周波振動から大量なエネルギーを発生させる。だから、冷却システムを配置しなければならず、同時に水の空化作用にもとで、局部にストレスを施し、手術区を清浄する作用を発揮する。

 

超音波スケーラーの臨床操作

1.器械ハンドピースを改良執筆式に握り、口腔内で常規な支点として、器械を安定している。

 

2.チップの長軸と歯体の長軸が平行に保たれる。その角度が15°を超えず、できるだけチップと歯面を密着させる。

 

3.チップは歯面で停頓をしてはならず、ずっと歯面に移動すべきだ。チップの先端が歯面に垂直に向けない。チップは隣で操作のときに、柔らかい組織に損傷をもたらしなく、歯石と触れたときに、圧力が小さく、垂直か斜めに運動することは歯石が離れる。もしチップ歯の隙間が引っかかったら、すぐに中断すべきだ。それから、外線隙の方向に沿って、そっと退出する。強く捩ることができない。更に、仕事の状態を維持しながら、退りを試みることができない。そうでないと、ナイフの先が折れやすくなる。特に、パワーの強い輸入スケーラーだ。

 

4. 患者がセラミック冠橋、隣の歯合面に充填物、感光性樹脂などの修復体を持っている時、チップは直接に冠面或いは充填物に移動しないで、冠の破裂或いは充填物の脱落を引き起こすことを防ぐ。

 

5.歯茎の縁でスケーリングをする時には,チップの側方が歯肉縁方向に軽く往復しながら徐々に下方に移動し, チップの末端が長く細く歯周ポケットに挿入され,プローブを歯周ポケットに一定の深さに挿入し, チップを歯周ポケットからゆっくりと切断面に沿って30−60秒間で移動させ、そして、チップを歯周ポケットから取り出す。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: