[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

高圧蒸気滅菌器の滅菌時間はどれくらい時間がかかるか?

1.熱力透過時間

すなわち、高圧蒸気滅菌器で滅菌温度が消毒物品のセンターに透過する滅菌時間だ。時間の長さは消毒物品の性質、包装の大小、放置の位置と高圧鍋の排気程度と滅菌器の種類を決める。

2.消毒維持時間

微生物を殺す時間だ。一般的に、脂肪高熱桿菌芽胞を殺す時間から表示される。115℃には30分、121℃には12分,132℃には2分をかかることが必要である。

3.安全時間

維持時間の一半の安全時間の長さは消毒物品を決める。熱を伝導しやすい金属機材の滅菌対する安全時間は必要がない。

 

なお:

*包装体積:30×30×30cm3

**粘性液体には、例えばアガー培養基、5~10分を伸ばすわけだ。

1)普通な下排気式オートクレーブの時間は:115℃には30分、121℃には15分、126℃には10分钟をかかることが必要である。

2)115℃は製薬工業で滅菌に使われる。微生物実験室中で、ある含糖培養基も115℃で30分がかかる滅菌ために、より高い温度のもとで、糖が分解できる。

3)121℃~126℃は医療衛生と防疫の滅菌に使われる。

以上の知識は滅菌時間の概数、一回で滅菌が使用する時間を含む。その滅菌時間の概数と滅菌時間は物品の種類、包装の大小、放置の場合と滅菌器の性能から決める。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: