[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

歯科手術用LED照明灯のメンテナンスについて方法

歯科手術用LED照明灯はいくつかのランプバルブから組み立てる。しかし、ランプバルブは消耗品に属するので、毎日、歯科手術用LED照明灯のランプバルブが正常に動けるかどうかを検査するのは重要だ。正確な検査方法は以下のような:まず一本の白い紙は手術無影灯の照明区域下で置いて、弧状の影を出現ければ、ランプバルブが不正常に照明状態にして、ランプバルブを換えるわけだ。

 

次は、歯科手術用LED照明灯の消毒手柄には正常に動けるかどうかを毎日検査しなければならない。すなわち、すばしっこく移動し、的確に制動するかどうかを検査する。その方法は、装置の時には二回「カチリ」という声はっきりしたを聞いたら、消毒手柄が正常に動くでき、すべても結構だ。

 

また、毎日の日常清潔もやることは必要である。アルカリ性溶剤で、例えば石鹸水、歯科手術用LED照明灯の表面には拭う。塩素液(金属が腐食する)とアルコール溶液(プラスチックやペイントが腐食する)で清浄することを避けるべきだ。

 

無影灯のスタンバイ電源システムには、すなわち電池使用が正常に使うかどうかを毎月で検査する。検査の方法は連接の220Vの電源を切って、スタンバイ電源を起動する。

 

多数の場合では、ランプバルブの平均寿命が1000時ぐらいだ。ランプソケットでは一年ぐらい一回を換えたほうがいい。その前提は無影灯のメーカーから原本のランプバルブを使う。

 

毎年に検査では訓練したエンジニアとした操作している。まず、固定の電源端子を締付ける。すなわち、制御箱には輸入と輸出に色々な螺子とイタフでがあって、回転限位、ランプバルブの動く電圧と関節のブレーキを調整している。次はハンガーの垂直性とハンガーシステムの平衡性や各部分の連接した螺子や関節が操作の時にブレーキなどを正常に運行かどうかに検査している。また、回転限位、散熱効果、ランプソケットとランプバルブの状態、消毒手柄の装置、照明、スペックル直径なども検査すべきだ。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: