[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
携帯型心電計
携帯型血圧計
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

インプラントの流れはいつかの手順に分けられる?

インプラントはチタンという金属材料をインプラント体にして、手術で上下顎の骨に埋め込み、骨組織から固定支持を得り、特殊の装置と方式の連接を通して、上部の歯修復体を支持ことができる。インプラントは天然歯と機能、結構及び美観効果のような修復効果をあげ、ますます歯を失った患者の第一選択の修復方式になっている。

 

第一部分:術前に準備段階

診療前に患者と交流して、患者の期待と願いを十分に知る。急性病理状態と急性感染を排除し、体に検査することはインプラントが最も重要な部分である。それは歯科X線診断装置で歯槽骨に検査し、身体骨密度の測量や血圧や血糖などの常規な検査をすることを含む。

 

また、診療が必要でない歯には、具体的な場合によって抜く時間を決めておき、調整あるいは臨時性修復体を作る。例えば、残根、断歯を抜き、歯周病を診し、不良入れ歯を取り除き、不良咬合関係を調整して矯正している。その段階では所要時間が診療状況によって異なり、少なくは一日二日、多くは二三月である。

 

第二部分:インプラントの診療の過程

1.インプラント体を埋める

初めて手術は局部麻酔した、歯を失った歯茎を切開してから特製な高速と低速歯科用インプラント装置で歯槽骨に孔をしておき、人工材料でインプラント体が上顎また下顎の失った部位の歯槽骨を埋める。手術あとの7日に抜糸しておく。抜糸した、医者さんから調整下入れ歯はかけ続く。インプラントの中で最も重要な「二期手術」を待ってください。

 

2.アバットメントを設置する

第二回手術は4から6ヶ月月までインプラント体と顎骨が結合した進行する。(上顎では6ヶ月以上、下顎では4ヶ月以上必要がある)。2回目の手術は局部麻酔のもとで特製な手術器械を使って、インプラント体に相応する歯茎に、小さい口を切開し、インプラントの上端を暴露し、歯茎基駐を設置している。すなわち顎骨に埋めるインプラントが歯茎を露出する。

 

3.人工歯冠を設置する

手術した3ヶ月から6ヶ月の期間で、永久な歯冠を設置しなければならない。永久歯冠はセラミック材料から作るために、品質が優良、色が自然、快適で美観の上に、回復機能が満足できる耐久性がある。インプラントが修復したあと、第一年なら3ヶ月と6ヶ月時に再検査してください。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: