[email protected]

歯科機器•材料

医療用保護具
根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科用サクション・バキューム
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
歯科用セメント
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
血中酸素濃度計
オーラルケア用品
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
耳内視鏡オトスコープ
その他
医療機器
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

歯科用LED光重合照射器の臨床応用の常用問題について

1.不完全固化と過固化

適切な重合反応は複合レジンによい物理性能を得らせる重要要因である。重合不足では複合レジンの物理性能に影響し、生物整合性、歯体とレンジの粘着力を下げる。よい診療効果を得るために、レジンが不完全固化を避け、口腔医者は適切な光重合器の固化模式を選らんでい、いい加減に照射時間を増やす及び操作技術を高めるなどを通して理想な固化効果を達する。固化中で、レジンの二重結合の転化と放射自身はすべて熱量を産生するから、複合レンジは重合中で照射される歯体と口腔粘膜の温度に上昇されざるをえない。

 

研究によって、エナメル質はよい絶縁性能がにあり、歯髄組織が過熱を防止しているが、特に、深い窩洞がある場合で、過熱リスクがやはり存在している。髄腔の温度は5.5℃に上昇されるまた39℃以上に達する時に、白細胞トリエンB4(Leukotriene B4,LTB4)の合成が増たあげく、歯髄細胞が死亡をする。臨床診療で説明書によっては提案の照射時間に高すぎる温度が出る危険性も低い。歯科医者は十分に光重合器を知ると高温問題を出すかもしれないという希望している。

 

2.感染控えと品質控え

口腔臨床中で、光重合器がいつも血液、唾液と触れる。消毒滅菌の装置が不足なら、病原菌は汚染される器械を通す交差感染が発生する。アメリカの疾病予防管理センターによって、口腔医療機構は光重合器のような清浄しにくい医療設備に障壁保護を採用して汚染を避ける。今は臨床でソケットに使い捨ての塑性材料薄膜を使って保護するために。

 

光重合器の使用回数と時間の増加につれて、輸出の強さがだんだん下げられるため、定期的にメンテナンスされべきだ。ソケットの冷熱交替と材料が意外に汚染させたあげく、発光が暗くなる。それはソケットに清浄するあるいは交換することを通す標準輸出強さを維持する。目の前に、輸出な強さを監視しているため、多くの光重合器は相応的なLEDライトメーターを配置する。

 

3.光危害

色な樹脂や新しい光重合器灯光の強さがより高く、波長の範囲がより広いので、歯科診療ユニットのそばに操作する時間を減少している。ブルーレイ(400~490nm)が短波長光に属し、それは現在の光重合器の普通な波長輸出範囲にあるから。網膜損傷をもたらしやすい。毎回の操作時間が短いが、ブルーレイの影響を受けやすい患者また医者には、網膜損傷が露出される時間で発生した。光重合器灯光はスペクトルで長波の紫外光(315~400nm)に属するので、紫外光が人の肌の細胞DNA酸化損傷ができる。その損害波突然変異と発癌の危険があるかもしれない。紫外光のバンドは可視光中で短波の長光段と似い、角膜、レンズ及び網膜の光化学の損傷を引き起こすことができる。だから、光重合器を使用している時に、口腔医者波規定によって防護メガネと手袋をかけるべきだ。それは保護作用を発揮すると固化期間で固化位置に正確に定位からされることに約立つ。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: