[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
その他
医療機器
歯科用蒸気洗浄器
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

一日の糖分摂取量はスプーン6杯まで

 WHO(世界保健機関)が砂糖などの糖類の一日あたりの摂取量を沿うエネルギー摂取量の5%未満に抑えるのが望ましいという新たな指針を正式に発表したことが話題となっている。

 
WHOでは肥満や生活習慣病を予防するため、脂肪、炭水化物、糖類、などの一日の摂取量を示すガイドラインを制定している。
 
これまで単糖(ブドウ糖やフルクトース)や二糖(ショ糖や砂糖)に該当する有利糖類の摂取目標を一日に摂取する全カロリーのうち10%未満としていた。
 
今回発表された新しいガイドラインでは、1日の糖分摂取量を10%未満に抑えることを「強く勧告する」とした上で、さらに可能であれば5%未満に抑えることで「とり健康に良い効果が得られる」としている。
 
5%というと一般的な成人のカロリーで計算すると1日あたり約25g、小さじ6杯分の砂糖に相当する。
 
ソーダなどの砂糖入り飲料には、一缶あたり約40gの砂糖が含まれており、1本ジュースを飲むだけで25gを超えてしまうことになる。
 
またジュースだけでなく市場に出回っている様々な食品にも多くの砂糖が含まれており気をつけなければ5%をすぐにオーバーしてしまう。
 
WHOの調査によると1日10%以上の糖分を摂取することで肥満や虫歯になる確率が飛躍的に上がります。
 
現実問題として1日の糖分摂取量を全カロリーの5%以内に抑えることは難しいにしても、虫歯予防のために糖分の過剰摂取は注意しなければならないと思う。
 
----------------------------------------------------------------------------
dentaltools.jp紫外线消毒除菌器ブラシレスマイクロモーターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。
 

 

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: