[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
その他
医療機器
歯科用蒸気洗浄器
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

根管治療の重要性

虫歯治療のひとつに、根管治療というものがあります。これまで根管治療を受けたことがある方なら、その重要性をご存知かと思いますが、根管治療とは歯の根に侵入した虫歯菌を退治する治療で、「歯の根の治療」とよく言われています。(根管長測定器)

ここでは根管治療がなぜ重要なのかを解説します。
 
歯を残せるかどうかが決まる治療
根管治療は、ひと言で言うと、歯を残せるかどうかが決まる治療です。根管治療が上手くいけば、歯を残して被せ物を装着できます。けれども、根管治療が上手く行かなければ、歯を抜かざるを得なくなるのです。ですから、根管治療というのは虫歯治療における最後の砦のような意味合いがあります。
 
重症化した虫歯に適用される
根管治療は、基本的に重症化した虫歯にしか適用されません。例えば、虫歯菌がエナメル質や象牙質に留まっている軽度から中等度の虫歯では、歯の神経が侵されることはありません。食事の際に痛みなどを感じることはあっても、それは間接的に歯の神経が刺激されているからです。一方、根管治療の対象となる歯は、神経が露出して、虫歯菌に侵されています。そのまま放置すると、歯の神経が死んで、歯質も崩壊していくのです。根管治療はそんな歯に対して行われる治療です。
 
根管内はとても複雑な構造
根管治療は、根管内をきれいにお掃除する治療ですが、そう簡単に終わるものではありません。なぜなら、根管内というのはとても複雑な構造を呈しているからです。しかも、肉眼で確認することができません。それだけに、きちんと治療を完了するには、時間と手間がかかります。
 
このように、根管治療は歯を残せるかどうかを決める重要な虫歯治療です。必要とされる技術も高く、治療の期間も長くなることがあります。
 
--------------------------------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用デジタルX線センサー歯科手術用無影灯などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。
 

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: