[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
クリニック・待合室用品
歯科用レーザー
歯科ブラシアプリケーター
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
その他
医療機器
歯科用蒸気洗浄器
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

生活習慣から虫歯を予防しよう!

★虫歯予防 ポイントは脱灰と再石灰化
 
 私たちの口の中には、ミュータンス菌をはじめとする沢山の虫歯菌がいます。
 
虫歯菌は、食べ物のカスに含まれる糖質を餌にして、ネバネバしたプラーク(歯垢)を作り出します。
 
さらにプラークの中の虫歯菌は、糖質を餌にして酸を作り出します。
 
この酸によって、歯のエナメル質からカルシウムやリンがどんどん溶け出す「脱灰」(だっかい)が起こります。
 
その後しばらくすると、酸性に傾いたお口の中は、だ液の働きによって徐々にもとに戻ります。
 
そして、お口の中の環境が改善されると、溶け出したイオンが歯の表面に戻って「再石灰化」(さいせっかいか)が起こり、歯を修復します。
 
 私たちの口腔内は、この脱灰と再石灰化を日常的に繰り返しています。
 
脱灰と再石灰化のバランスがとれていれば、脱灰が再石灰化以上に進行することはなく、口腔内は健康な状態に保たれます。
 
 しかし、何らかの理由でこのバランスが崩れると、虫歯になってしまうのです。
 
★この習慣に気を付けよう!
 
1.だらだら食いをやめる
 テレビを見ながら長時間かけてお菓子を食べたり、ちょこちょこと飴をなめたりしていませんか?
 
だらだら食べていると、口の中が酸性になっている状態が長く続き、再石灰化の時間が短くなって虫歯になりやすくなります。
 
食事や間食は時間を決めて食べるようにしましょう。
 
2.就寝前に歯を磨く
 寝ている間は唾液の分泌が減るので、菌が繁殖しやすく、虫歯のリスクが高まります。
 
夜寝る前は必ず歯を磨きましょう。
 
3.一口30回噛んで食べる
 よく噛むことで唾液が多くなり、歯を再石灰化させる効果が高くなります。
 
よく噛んで食べることは、免疫力アップやダイエット効果などもあり、いいこと尽くしです。
 
4.定期的に歯石を取る
 普段の歯磨きだけでは取ることができなかったプラークは、時間が経つと歯石となり、歯ブラシでは落ちない汚れとなってしまいます。
 
この歯石は、ばい菌の住むマンションのようなもの。
 
放置すると虫歯や歯周病の原因になります。
 
3か月に一度は歯科医院に通い、プロの手で徹底的に取り除いてもらいましょう。
 
虫歯や歯周病になりにくくなります。
 
----------------------------------------------------------------------
dentaltools.jpホワイトニング照射器エアーモーターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: