[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
クリニック・待合室用品
歯科ブラシアプリケーター
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
その他
医療機器
歯科用蒸気洗浄器
歯科練習用マネキン
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

虫歯と歯周病の違いとは?

歯を失う原因の約7割が虫歯と歯周病と言われています。
 
虫歯という病気
まず、虫歯は歯の病気です。
虫歯は歯にくっついた菌が酸を産生し、歯の表面を溶かしていく病気です。小さい虫歯の段階では痛みが出ることは多くありません。
しかし、歯磨きが不十分だったり、誤った歯磨きの仕方だと菌が歯の表面に付着したままになり、歯の表面からどんどん歯が溶けていきます。
すると、歯の内部の神経(歯髄)に虫歯が近づいていきしみたり、ズキズキとした痛みが出てくることになります。
 
治療で虫歯を取りきり、そこにコンポジットレジンなどの薬を詰めたり、部分的な金属の詰め物をして痛みが無くなれば、そこで治療は完了します。
ただ、痛みが続く様なら神経を取らないといけなくなります。神経のある所には血液も流れていますので神経をとるとその歯には血液がいかなくなります。
すなわち、栄養がいかなくなってしまうのです。そうなると、詰め物や被せ物をしても歯は弱ってしまい、将来、折れたり変色したりで寿命が短くなってしまうのです。
 
歯の折れ方によっては抜歯をしなくてはならないこともあります。歯の本数が少なくなくなると噛む場所が減ってしまうので咬合力は低下します。
しかし、顎の力はあまり変わりません。すると残った歯に過剰な力がかかりひびが入ったり欠けたりして連鎖的に悪くなってしまうのです。なので、虫歯は早期発見早期治療が望ましいのです。
 
歯周病という病気
一方で、歯周病は文字通り歯の周りである歯茎(歯肉)や骨(歯槽骨しそうこつ)歯と骨の間のクッションの様な働きを持つ歯根膜などが炎症を起こす病気となります。
歯周病の初期症状は歯茎の腫れ・炎症になります。歯周病の原因菌は虫歯の原因になる最近とは異なる種類のものなので、虫歯が多い人に多いわけではありません。
 
むしろ、虫歯の少ない人のほうが口腔内で歯周病菌が優位になって罹患りかんしやすいとも言われています。
歯周病も歯磨きにより予防を行うものですが、磨き残した歯垢(細菌の集合体)が歯茎の炎症を引き起こします。
すると、腫れてしまいブヨブヨした歯肉となり、歯磨き時に出血しやすくなります。ここで汚れをしっかり除去することが出来れば歯肉の状態は健全な状態に戻ります。
 
しかし、歯磨きが不十分で炎症を起こした状態が続くと炎症が歯茎の下の骨にまで波及します。
すると、骨は炎症をおこし溶けてきてしまうのです。残念ながら、一度溶けて無くなった骨は元に戻らないと言われており、歯周病は進行する一方の病気となります。
歯は骨により支えられているので骨が少なくなると歯が揺れてきてしまいます。
そこまで行くと歯周病はどんどん進んでいってしまいます。歯周病は一度進行すると100%元の状態に戻る事は無い病気になります。よって治療よりも予防が非常に重要になってくるのです。
 
虫歯も歯周病も進行しすぎた状態では完治は難しい病気となります。
毎日歯医者に行って磨いて貰うわけにはいかないので、自分の歯磨きが非常に重要になってきます。
しかし、磨いているつもりになっているだけで肝心の歯垢が落とせていない方が多くいらっしゃいます。
せっかく時間をとって歯磨きをしているのですから歯科衛生士さんに歯磨きの仕方、注意点、磨き残しの多い場所など確認してもらって正しい歯磨きで予防していきましょう。
 
---------------------------------------------------------------------------
dentaltools.jp電解研磨機歯科用インプラント装置などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

 

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: