[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
クリニック・待合室用品
歯科ブラシアプリケーター
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
その他
医療機器
歯科用蒸気洗浄器
歯科練習用マネキン
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

歯ブラシの適正な交換頻度

歯医者で歯科治療や、歯磨き指導を受けたことがある方は大勢いると思います。歯医者では歯科治療だけではなく、歯磨きに関して指導を受けることもありますが、気になるのが歯ブラシのことです。歯ブラシの適切な交換時期とはどの時期なのでしょうか。
 
歯医者で歯科治療を受けた際、歯ブラシを購入することも可能です。しかし、歯ブラシの適切な交換時期について詳しく知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まず、歯ブラシの交換時期ですが、歯ブラシを縦にして、後ろ側から見てみましょう。
 
後ろ側から見て、歯ブラシの毛が折れ曲がり、はみ出ていた場合には、交換時期であるといえます。
しかし、後ろ側から見ても、毛が隠れている状態で、まだ歯ブラシの毛が、まっすぐ立っている状態、この場合にはまだ歯ブラシは交換する必要はない、といえるでしょう。
 
歯ブラシというものは、歯に垂直に当てるようにして、力を入れず動かすことで、汚れを落としてい行きます。この際に、歯ブラシの毛が垂直にしっかりと歯にあたっていることが大切です。しかし、毛がバサバサになってしまっていたり、曲がってしまっていると、歯に毛がしっかりと当たりません。この結果、汚れがきちんと落ちないままになってしまうのです。このため、歯ブラシの毛がバサバサになってきたら、交換時期といえます。歯ブラシの交換時期としては、これが一つの目安なので、注意してチェックしてみるように心がけましょう。
--------------------------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯面清掃用ハンドピース口腔内カメラなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: