[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
クリニック・待合室用品
歯科ブラシアプリケーター
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
その他
医療機器
歯科用蒸気洗浄器
歯科練習用マネキン
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

指しゃぶりの癖

指しゃぶりは赤ちゃんが自分の体を自分で触って確認する探索行動の一つとして始まります。すなわち、指をしゃぶることははじめは生理的行動であり、正常な行動といえます。
 
乳児の指しゃぶりは、発達するにつれて本人の興味がほかに移り、自然になくなることが多く、この時期の指しゃぶりはあまり心配はありません。
 
3歳を過ぎてもまだ指しゃぶりが続いている場合は、指しゃぶり行動が習慣化しつつあると考えられます。
 
頑固な指しゃぶりが続くと歯や成長中のあごの骨に影響して、歯並びが悪くなることがあります。代表的なもので開咬や交叉咬合、上顎前突などがあげられます。
 
また、舌の動かし方も正常な場合と異なって、唾を飲み込んだときに舌が唇の間に突き出るようになってきます。
 
指しゃぶりの癖をやめさせる「これで決まり」といった方法はありません。しかし、指しゃぶりをしている子どもの注意をそらし、口から指を出さざるをえないように仕向けていくことは大切なことです。
 
また、指が口に入っていることを注意するよりも、指が口から離れていることをほめてあげることも重要な点です。
 
4歳を過ぎても、指しゃぶりの癖が残っている場合には、装置を利用して治療を行う場合もあります。
 
いずれにしても、永久歯が生えてくる5〜6歳になるまでに指しゃぶりの癖がなくなっていれば、以後の歯並びに与える影響は少なくなると言われています。
 
-------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用LEDライトメーター歯科用エアーモーターなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: