[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
クリニック・待合室用品
歯科ブラシアプリケーター
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
その他
医療機器
歯科練習用マネキン
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

乳歯の硬さについて

ヒトの歯が生えてくるのは、乳歯と永久歯の2回ですが、乳歯や生えたばかりの永久歯(幼若永久歯といいます)は、虫歯の進行が非常に早く、痛みがあまりないまま進行していくのが特徴です。数ヶ月で歯に大きな穴が開いてしまうことも少なくありません。
それはなぜでしょう?
 
生えた直後の歯は軟らかい?!
歯(正確にはエナメル質)は、ヒトの身体の中で最も硬い組織ですが、実は歯は二段階で硬くなります。
第一段階は、まだ生える前、顎の骨の中で血液中のカルシウムが付いて硬くなります。
そして、歯が生えた後、今度は唾液の中のカルシウムが付くこと(石灰化)で、さらに硬くなるのです。
生えた直後の歯は、この第二段階を経ていません。だからまだ軟らかいのです。
 
そしてむし歯にもなりやすいのです!!
さらに、乳歯の萌出は、「初めて歯がはえてきた!」と注意深く観察しますが、永久歯の萌出(特に6歳臼歯や12歳臼歯)は、保護者も本人も気付いていないことがあります。萌出直後の歯は軟らかいうえ、噛む面の溝も複雑で深いため、よりハイリスクなのです。
ぜひ、歯磨きを子ども任せにせず、磨き残しのチェックや仕上げ磨きをしてあげて下さい。
 
生え始めの歯を一緒に発見してあげることが出来ます!
そして「生えてきたばかりの歯は赤ちゃんだから、大切に磨こうね」と話してあげましょう。そうすることで、お子さん自身も自分の口の中に関心を持ち、歯を大切にしようという気持ちが“芽生え”ますよ。
 
---------------------------------------------------------
dentaltools.jpエアースケーラー歯科用インプラント装置などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: