[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
クリニック・待合室用品
歯科ブラシアプリケーター
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
その他
医療機器
歯科練習用マネキン
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

事故で歯が抜けてしまった時、どうすればいいの?

子どもの歯は、歯を支えている骨がやわらかい状態のため、ぶつけて強い衝撃がかかると歯が抜け落ちてしまうこともあります。思いもよらず転んだり、事故でボールにぶつかって歯が欠けたり、折れたりすることはとても残念な状況です。また、事故でグラついた歯がしばらくして抜け落ちてしまうリスクもあります。そんなトラブルがおきた際は、大急ぎで抜け落ちた歯を探し、できるだけ30分以内に歯科医院に持って行きましょう。折れた歯は、そのままくっつくことができる可能性があり、抜け落ちた歯は、もう一度生かせるチャンスがあります。
 
抜け落ちた歯は歯科医院に行くまでに、乾燥させないようにしておくことが大切です。歯の乾燥を防ぐには、歯牙保存液(必要な場合は、学校歯科医・嘱託歯科医または近隣の歯科医院へお問い合わせください。)、無い場合は、牛乳の中に歯を入れて浸します。歯根(歯ぐきに埋まっていた根の部分)は触らないようにして歯牙保存液、または牛乳に入れてください。冷たい牛乳は、歯の保存液代わりとなる役目をします。
 
保存できる時間は短くなりますが、お口の中に戻した状態で保存することも可能です。くれぐれも、ティッシュぺーパーやハンカチに包んで持っていくことはしないようにしましょう。
 
-------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用マイクロスコープ歯科ポータブルデジタル式X線診断装置などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: