[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
クリニック・待合室用品
歯科ブラシアプリケーター
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
その他
医療機器
歯科練習用マネキン
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

なぜ神経を取っても痛みを感じるの?

今までに、なんだか歯が痛いな、違和感があるなという経験がおありの方は多いと思います。そんな時、勇気を振り絞って歯医者さんへいったら虫歯が大きくて根っこの処置をしていかなければならなくなったということはなかったでしょうか。

いざ根っこの処置をしていくとなった時、先生に何をされるのか、痛みとか出るんじゃないかなど、不安に思うことでしょう。
今日は一番気になるであろう、根っこの処置をするときに起こりうる痛みの話をしたいと思います。
 
歯に炎症を起こしている、目に見えない敵=細菌を歯の中から徹底的に追い出し、減らすことにより炎症を止め、治癒に導くための治療、これが根っこの治療の大まかな内容です。
 
しかし、痛みをとるため、もしくは歯の中を掃除するために治療を開始したら、痛みが出たという方もいらっしゃるかと思います。
 
根っこの治療にともなう痛みの詳細は、いまだに解明されていません。根の先の急性的な炎症が原因で、おそらくは、歯の中を掃除するときに細菌が一時的に活性化してあばれたり、つつく刺激や噛む刺激、消毒薬の刺激が加わったりするからではないかと考えられています。神経(歯髄)を取ったあとも、歯をつつんでいる歯根膜など、歯の周りには痛みを感じる敏感なセンサーが張り巡らされています。そうしたセンサーが急性症状を感じ取っているのです。
 
--------------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用LEDライトメーター歯科用根管長測定器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。
 

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: