[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
クリニック・待合室用品
歯科ブラシアプリケーター
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
その他
医療機器
歯科練習用マネキン
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

歯磨き剤の効果を上手く引き出すには?

予防力をアップするためには高濃度の歯磨き剤の選び方も大事ですが、使い方もとても大事です。
 
では、フッ素の効果を存分に引き出すにはどうしたらよいのでしょう?
 
毎日使います
 
食事ごとに溶けている歯を守るには、溶けるスピードに勝るスピードで補修することが肝要。
 
フッ素の力を借りるために毎日使うことをお勧めします。
 
寝る前が効果的
 
フッ素はお口の中に長くとどまればとどまるほど良く働いてくれます。
 
就寝中は唾液が減りますので、寝る前に使うとフッ素が唾液によって流されず、再石灰化の効果がアップします。
 
すすぎは1回で
 
せっかく高濃度のフッ素配合の歯磨き剤を使っても、すすいで流してしまっては十分な効果は期待出来ません。
 
すすぎは最低限で、なるべく1回にとどめていきましょう。
 
水は少なめで
 
すすぎに使うお水は、おちょこ一杯のお水で十分です。

使用量は適量を守って
 
年齢ごとに使用量の基準は決められています。
 
たくさんつかえば良いというものではありません。
 
また少なすぎると効果はありません。
 
15歳以上は2㎝、6~15歳未満は1㎝、6歳未満は使用できません。
 
ジェルや洗口液をちょい足し
 
寝る前に、すすぎが少なくてすむジェルやすすぎの必要のない洗口液を使うと、フッ素がお口にとどまって効果もアップします。
 
どうでしょうか?
 
これらを守って上手くフッ素の効果を引き出しましょう!
 
----------------------------------------------------------
 
dentaltools.jp歯科ポータブルデジタル式X線診断装置歯科用光重合照射器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: