[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
クリニック・待合室用品
歯科ブラシアプリケーター
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
その他
医療機器
歯科練習用マネキン
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

糖尿病と歯科との関係は?どう影響があるの?

糖尿病の方はどういった影響があるかと言いますと、
 
1 歯周病になりやすい
 
歯周病の炎症が起きやすく、また治りにくい傾向があります。
 
定期的にメインテナンスを受け、歯周病から歯を守りましょう。
 
2 傷が治りにくく、感染をしやすい。
 
手術や抜歯後の傷の治りが悪く、感染を起こしやすいです。
 
処方された抗生物質などは歯科からの指示通りに飲みましょう。
 
3 血液の流れをサラサラにするお薬を飲まれていることがあります。
 
糖尿病の合併症である心血管病の治療のために血液をサラサラにするお薬(抗凝固薬、抗血小板薬など)を飲まれていますと、外科処置後になかなか血が止まりません。
 
止血処置を念入りに行う必要があります。
 
4 低血糖発作を起こすことがあります。
 
食事療法、飲み薬、インシュリンなどで血糖値のコントロールをして、体調を整え自己判断で食事を抜いたり、薬を止めたりしないようにしましょう。
 
また、歯科で処方される痛み止めの「ロキソニン」は、糖尿病の治療薬の「スキホニル尿酸薬」の働きを阻害します。
 
歯科の処方は多くても3日ですので、よっぽど影響は少ないと思いますが、ロキソニン以外の処方も考えてもよいかと思います。
 
--------------------------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科矯正用IPR歯科用ホワイトニング照射器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: