[email protected]

歯科機器•材料

根管治療器具
スケーラー
歯科用LED光重合照射器
歯科用ハンドピース
滅菌・消毒用品
口腔内カメラ
ホワイトニング機器
歯科手術用機器
歯科診療ユニット
歯科用拡大鏡(ルーペ)
歯科レントゲン
歯科用スリーウェイシリンジ
歯科ラボ機器
歯科説明・実習用模型
歯科 プライヤー
レジン材料
セット売り
クリニック・待合室用品
歯科ブラシアプリケーター
歯科矯正用製品
歯科防護用具
TDP赤外線加熱ランプ
歯科義歯材料
その他
医療機器
歯科練習用マネキン
ペット用品
動物病院向け

閲覧の履歴[Clear]

口呼吸から鼻呼吸へ

今、口は閉じていますか?開いていませんか?

 
普段、鼻で息をしていますか?口でしていますか?
 
「起きている時は、鼻で息をしていて、口も閉じている」、そう言う方でも、寝ている時はどうでしょうか。
 
最適な睡眠時間は、人それぞれだと思います。
 
 
しかし、十分な睡眠時間を確保しているのに、疲れが取れない、体調が優れないなど、そんなことはありませんか?
 
もしかすると、「寝ている時は口で息をしていて、口が開いている」かも知れません。
 
鼻にはホコリやバイ菌の侵入を防ぐフィルターがあります。
 
しかし口には、ありません。
 
なので、ホコリやバイ菌が直接体の中に侵入してしまいます。
 
口や喉が乾燥してしまい、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。また、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなることもあります。
 
その上、口の周りの筋肉が衰えてしまい、見た目が老けて増します。
口は、鼻のように上手に酸素を取り込めません。
 
そのため集中力がなくなり、眠たくなってしまいます。
 
朝起きると、
 
①口が開いている
 
②口が乾いている
 
③よだれが出ている
 
④いびきをかく
 
⑤口の臭いが気になる
 
どうでしょう、当てはまりましたか?
 
当てはまる方は、寝ている時、口呼吸になっている可能性があります。
 
「起きている時に、鼻で息をすると苦しい」方も、口で息をしています。
 
いますぐに、鼻呼吸ができるように頑張りましょう。
 
・鼻呼吸を意識する
 
息をする時は、唇を軽く閉じ、鼻で息をすることを意識する
 
・耳鼻科などで治療を受ける
 
花粉症や鼻炎の方は、口呼吸になりやすいです
 
・口にテープを貼る
 
縦、もしくは逆八の字に貼る
 
テープは肌や口に影響のないものにしてください
 
・顔の筋肉を鍛える
 
口の周りの筋肉を鍛えて、口を閉じやすくする
 
・舌の位置を意識する
 
舌が上顎にピタッとおさまっている
 
・枕を変える
 
自分に合った高さのものにする
 
など、いろいろな方法で口呼吸から鼻呼吸に変えていきましょう。
 
見た目も良くなり、体調も良くなりますように。
 
----------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科ポータブルデジタル式X線診断装置歯科用セラミックブラケット(ブレース)などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

カスタマーレビュー(合計0件レビュー)
ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: